2012年03月18日

スポルジョン「ただ恵みによって」が限定復刊されます。

いのちのことば社の2012年限定復刊のラインナップが決定したようです。

http://www.wlpm.or.jp/fukkan/

このブログでもたびたび紹介したC.H.スポルジョンの「ただ恵みによって」も復刊されることになりました。

「ただ恵みによって」は、キリストの救いについてとても行き届いた解説がなされており、求道者の方はもちろん、すでにクリスチャンになっている方にもお勧めしたい内容です。

C.H.スポルジョン「ただ恵みによって」目次

  この本を読む方々へ

1.何をしようとしているのか
2.神は不敬虔な者を義と認めて下さる
3.神が義と認めて下さる
4.不義を義とする人
5.罪を犯すことからの救い
6.恵みのゆえに、信仰によって
7.信仰、それは何か
8.信仰は、どのように例証されるか
9.なぜ信仰によって救われるのか
10.ああ、私には何もできない
11.信仰の増加
12.生まれ変わりと聖霊
13.私を贖う方は生きておられる
14.悔改めと罪の赦しは同時
15.悔改めはどのようにして与えられるか
16.最後に堕落する恐れ
17.確証
18.聖徒はなぜ保たれるか

   結び
   あとがき


その他、ウォッチマン・ニーの「キリスト者の標準」やアンドリュー・マーレー「神を待ち望め」「謙遜」「とりなしの祈り」なども復刊されます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

いのちのことば社・限定復刊の予約注文受付開始

いのちのことば社の2012年の限定復刊のラインナップが決定したそうです。注文が300冊に達した書籍に限り2012年4月下旬〜6月に復刊されます。

2012年【限定復刊ラインナップ】
http://www.wlpm.or.jp/fukkan/

◆予約受付期間:2011年12月20日(火)〜2012年3月5日(月)
◆復刊時期:2012年4月中旬〜6月

ウォッチマン・ニーの「キリスト者の標準」、アンドリュー・マーレーの「神を待ち望め」などもラインナップに入っています。その他スポルジョン、D.M.ロイドジョンズ、コリン・テン・ブーム等の著作もあり。

ちなみに、ウォッチマン・ニーの「キリスト者の標準」の中古本は現在アマゾン4万7000〜4万8000円台で売られているようです(汗)

まぁ、それだけ払っても読む価値のある本だと思いますが・・・(;^^A

ウォッチマン・ニー「キリスト者の標準」
P1000088.JPG




にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

「祈りの時を変える黙想」限定復刊中!

オズワルド・チェンバーズ著「『祈りの時』を変える黙想」が限定復刊されているようです。

いのちのことば社 2011年限定復刊

私はこの本が絶版になっていた頃(2009年秋)、たまたまブックオフで古本を見つけて買いました。今でもときどき読んでいます。「いと高き方のもとに」と同じく、あるいはそれ以上に心を探られる内容です。

P1000074.JPG

最近この本を購入したあるクリスチャンは、「本の『はじめに』のメッセージに思わず『う〜っ』と唸らされた」と話していました。それを聞いた私は今回改めてその箇所を読んでみたのですが、私も思わず「う〜っ」と唸らされてしまいました。

「はじめに」のメッセージは、この本の方向性を示している内容だと思いますので、以下に引用します。
はじめに

クリスチャンのなすべき仕事は、だれの場合であっても、祈ることです。単純、明快です。ところが、ただ祈るだけで足りないのではないかとわたしたちは思ってしまいます。神のためになにか大切なことをしたい、神にとって大切な人間になりたい、と思うのです。なにかを建設したい。人々を動員したい。わたしの力を示したい。影響力を行使したい・・・。そういったことに比べると、祈りはいかにも小さいことと思われるのです。ほとんど目にもつかない、小さいことに思われてしまいます。

けれども、イエスはそうは言われませんでした。イエスにとって、祈りはすべてでした。特権であり、同時に義務でした。責任であり、しかも権利でした。

祈りを最後の手段と考える傾向が、わたしたちにはあります。しかしイエスはそれを「戦い」の第一線に置くように望まれました。ほかにどうすることもできないときに、わたしたちは祈ります。しかしイエスによれば、何をするよりも先に、まず祈るべきなのです。

大部分の人は、すぐに結果を見ることができるような何かをしたがります。神にとって最もふさわしい時に、神が解決してくださるのを、わたしたちは待ちたくありません。神にとって「ふさわしい時」というのが、わたしの考えるふさわしい時と、あまりにあわないことが多いからです。

そこで、わたしたちは神のお手伝いをしたがります。時には自分の祈りに自分で答えようとさえします。たくさんの人の目に神がよく映るようにすることができれば、もっと多くの人がクリスチャンになるのではないか、というようなことを考えます。そこで、神は祈りに答えてくださるということを証明して、神が寛大であられることを、人々に納得させようとします。神のイメージがもう少し立派なものになるよう手助けをすれば、もっとたくさんの人々を神の側に勝ち取ることができるのではないか。そして、神はそのことをわたしたちに期待していらっしゃる。そうではないか。

いいえ、そうではありません。神がわたしたちに期待していらっしゃるのは、祈ることです。いつでも祈り、そしてすべてについて祈るのです。喜びの時も、悲しみの時も、です。神について語るのではなく、神に向かって語りかけることを求めておられます。神のことを未信者に話すよりも、その前に彼らのことを神に語ってほしいと、神は思っておられます。

祈りは神がわたしたちに課しておられる日課ではありません。わたしたちのなすべき仕事です。なすべきただ一つの仕事です。祈りはわたしたちの聖なるわざです。単純で明白です。

オズワルド・チェンバーズ「『祈りの時』を変える黙想」序文より

なお、この限定復刊シリーズはすぐに品切れになることが予想されますので、早めのご注文・ご購入をおすすめします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

クリスチャンウェブリング
前へ | ホーム | ランダム | 次へ