2012年02月01日

人間中心の十字架理解からの解放

藤井武「代贖を信ずるまで」

↑ 藤井武氏の証しです。当初、神の愛の側面のみを強調した人間中心の十字架理解(=キリストの十字架は、人間の必要を満たすためであった)を持つにとどまっていた著者が、内村鑑三氏との議論、神の御前での葛藤を経て、神の義を中心に据えた神中心の十字架理解(=キリストの十字架は、まず神の必要を満たすためであった)を持つに至った経緯が書かれています。

現在、キリスト教会の十字架離れの傾向は進行し、クリスチャンの間で十字架理解についての議論がなされるということ自体がきわめて稀になっていると思われますが、このような状況になった原因は、かつての藤井武氏が持っていたような人間中心の十字架理解を放置し続けたためではないかと思わされます。

思い起こしてみると、私がクリスチャンになる前、教会学校や教会で聞いたキリストの十字架の話は、どれも人間中心な十字架理解に基づいたものだったと思います。

「イエスさまは、私たちのために!そうです!私たちが地獄で永遠に苦しむことのないために、イエスさまが十字架であっれほど苦しんで!私たちのために血を流してくださったのですあせあせ(飛び散る汗)(涙)。・・・・しばらく沈黙・・・・それほどまでに、神さまは私たちを愛してくださったのです・・・揺れるハート。これほど大きな愛があるでしょうか!?」

↑ だいたいこんな感じです。確かにある面においてはそのとおりだと思うのですが、当時の私はこのような話を聞いても「それは有り難い話だとは思うけど、何かがおかしい・・・」と違和感を感じていました。どうも腑に落ちないのです。

「101回目のプロポーズ」というドラマの中で、主人公の武田鉄矢が、道路を走るトラックの前に飛び出して行き、 「僕は死にませーん!あなたが好きだから・・・!!」と叫んで恋人に愛をアピールするシーンがありましたが、あれと似た“パフォーマンス臭”が漂っているといいましょうか・・・。イエスの十字架も「僕は死にまーす!あなたが好きだから・・・!!」と叫んで人間の気を引こうとするパフォーマンスにすぎないのではないか?と思ってしまうわけです。

武田鉄矢「僕は死にませーん!」


今振り返ってみると、この違和感は、神の愛だけを強調している人間中心の十字架理解に対するものだったと思います。人間中心の十字架メッセージには、神が人間に媚びているような安っぽさが感じられました。

その後、「キリストの十字架は人間のためではなく、まず第一に神ご自身のためであった」「キリストの血は我々人間に見せるために流されたのではなく、まず父なる神に見せるために流された」という真理を耳にしたとき、目からうろこが落ちるような経験をしたのを覚えています。「そうだったのか!それなら受け入れるに値する」と思いました。

それまで「神さまはあなたを愛しています!神さまはあなたのために!あなたを救うために!キリストを十字架につけたのです!」という人間中心な十字架話を聞けば聞くほど、まずます心が引いていったわけですが、「勘違いするな!キリストの十字架の第一の目的はおまえなんかのためではない!キリストは父なる神のために十字架にかかったんだ!そのついでにおまえが救われるんだ!」という、人間の自惚れや思い上がりを突っぱねるような神中心の真理に触れたとき、十字架のみわざがとてつもなく大きく堅固なものであることがわかり、良心に安息が来ました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(2) | TrackBack(0) | 証し・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間中心の十字架理解から来る教会でなされてる典型的な話の例 非常に解りやすいです。このような話を聞いて どれだけの人がアーメンって感じてるのでしょう。私の記憶では、話をしている当人が最も熱心に 神に心を向けようとしていると感じてます。つまり、当人が神を掴んでない為に 当人が そのように言いたいのです。一方 神に捕らえられた人は 熱心に話さなくても キリストは勝手に流れ出てしまうのです。話をする時に中心にいるのは 神か 話す人か。神は その振り分けを 人の選びを どのように決められているのでしょう。知ることはありません 知る必要もありません。神は完全な方だからです。いつも結論の無いコメントで申し訳ありません。ただ 非常に解りやすい 特に 男性がどのように神を理解するのかが 納得できて 私は嬉しいです。感謝します。
Posted by イチゴ at 2012年02月03日 19:04
イチゴさん、コメントありがとうございます。

>このような話を聞いて どれだけの人がアーメンって感じてるのでしょう。

藤井武さんの証しを読んで羨ましく思ったのは、藤井氏の人間中心の十字架観に対して周囲のクリスチャン(内村鑑三)が問題を感じ、問題点を指摘する雰囲気があったことです。霊的な見張りが機能していることを羨ましく思いました。

>私の記憶では、話をしている当人が最も熱心に 神に心を向けようとしていると感じてます。つまり、当人が神を掴んでない為に 当人が そのように言いたいのです。

確かに、語る人自身が神に愛され受け入れられていることを本当に認識していたら、「神は愛です!神さまは愛しています!」とそんなに繰り返す必要はないかもしれませんね。むしろ神に愛され受け入れられていることがわかっているのであれば、罪に対する神の怒りや裁き等、きびしい事も大胆に語ることができるのではないかと思います。

>特に 男性がどのように神を理解するのかが 納得できて 私は嬉しいです。

一般的に男性は、愛を強調して感情に訴えかけるタイプの十字架話は苦手なのではないかと思います。「その愛が重い・・・(汗)」と思うのではないでしょうか。

キリストの十字架につまずいたのではなく、教会で聞いた感傷的な十字架話につまずいている人は結構多いかもしれません。感情を煽ることなく、事務的・法的に十字架の贖いを淡々と説明したほうがよいのではないかと思います。感情を煽って一時的に受け入れさせても、人の感情はコロコロ変わりますし、その後もダウンするたびに感情を煽り続けなければならなくなりますから・・・
Posted by クマ郎 at 2012年02月03日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

クリスチャンウェブリング
前へ | ホーム | ランダム | 次へ