2010年07月25日

「証しすること」と「自分を表すこと」

先日、集会でウォッチマン・ニーの「淵が淵を呼び起こす」というメッセージを交わったのですが、以下はそのポイントをまとめたものです。おもに「証しすること」と「自分を表すこと」の違いを扱っています。天国に行って帰って来た体験が書かれた“証し本”が出版されるこの時代、耳を傾けるべきメッセージなのではないでしょうか。
また、別の種が土の薄い岩地に落ちた。土が深くなかったので、すぐに芽を出した。しかし日が上ると、焼けて、根がないために枯れてしまった。(マルコ4:5〜6)

<実を結ぶことのできない理由>

・岩地の特徴 ⇒ 根がないために枯れてしまう

・根とは「人の目に触れない命の部分」

・根がない生活とは浅薄な生活

・浅薄な生活を送るならば、他の人の深みに触れることはできない

<浅薄な生活とは>

@人の目に触れる部分が多くの割合を占める信仰生活 
A人の目に隠されている部分がないor少ない信仰生活


<クリスチャン生活の二面性>

@人の目から隠された生活の面(根)→ 下に向って成長(死)
A人の前に出て証しをする、語る面(葉)→ 上に向かって成長(復活)

                ↓
@の部分(根)によってAの実が決まる(浅薄な根⇒浅薄な実 深い根⇒深みのある実)

<根をなくす原因>

・根をなくす大きな原因は、根の部分をあらわにしてしまうこと=自分の霊的経験を話したい欲求に打ち勝つことができないこと(今日のクリスチャンの問題)
           ↓
私たちは証しを用いてでも、自己を表わしたい生き物である
           ↓           
私たちには自分の動機はわからない(Tコリント2:11)。御言葉の剣によって、無意識の領域に潜んでいる動機が明らかにされなければならない(ヘブル4:12)。

・「証しすること」と「自分を表すこと」は異なる

・十字架の死を通過することだけが、「自分を表すこと」から私たちを守る

<パウロとヒゼキヤ>

・クリスチャンとしての外面的な力=内側に秘蔵されている経験がどれだけあるか

良い例:パウロ(Uコリント12:1〜4)
悪い例:ヒゼキヤ(イザヤ39:1〜6)


・ヒゼキヤは自分の経験をあらわにしてしまったことによって大きな損失を被った
          ↓
ヒゼキヤが見せてしまった分=ヒゼキヤが失った分
          ↓
クリスチャンが「根をあらわにする時」、敵の攻撃にさらされることになる
            例:植物の根っこの部分をあらわにするなら、植物は枯れる

<注意点>

・証しをするためは、「話さないこと」を学ぶ必要がある(逆説的な真理)

・クリスチャンは「根を覆うこと」を学んで行くべきである

・自分の内側にある話したい肉の欲求に気づくこと

・集会や交わりにおける「証し」が「根の見せ合い」になっていないか注意すること


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
この記事へのコメント
このトピックを思い巡らしている最中に読みました。すごいタイミングでビックリです。この記事へのリンクを張らせて頂きました。事後報告ですが、一応ご報告まで。謝謝〜 m(__)m  http://mountzion.seesaa.net/article/158118608.html
Posted by 詩音 at 2010年08月01日 14:58
>この記事へのリンクを張らせて頂きました。

了解しました。ご家庭に祝福がありますように。

Posted by クマ郎 at 2010年08月01日 18:09
詩音さんのところからやってきました〜 

種と根について鋭い焦点を述べていらっしゃる! 
自分を表す、、とは認めてもらいたいという気持ちが基に生まれるのでしょうか。自分の中で認識するものがあるならば、人に知ってもらおうが・知ってもらわないが重要だとは思わないかもしれませんね。

Posted by もみじ饅頭 at 2010年08月27日 04:20
>詩音さんのところからやってきました〜

もみじ饅頭さん、ご訪問ありがとうございます。

>自分を表す、、とは認めてもらいたいという気持ちが基に生まれるのでしょうか。

私自身の経験を分析しますと(汗)、「人に認めてもらいたい」という動機の他に「自分の証しに自分が酔う♪」という自己満足の動機もあったと思います・・・(反省笑)。
Posted by クマ郎 at 2010年08月29日 15:13
クマ郎さま♪
わたくしもこの記事を改めて張らせてくださいね〜

Posted by candy at 2011年04月12日 23:12
candyさんへ

>わたくしもこの記事を改めて張らせてくださいね〜

はい。了解しました〜
Posted by クマ郎 at 2011年04月13日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

神のことばは「種」
Excerpt: 子供たちがユースカンファレンスから帰って来てからの話です。 カンファレンスのメインはリバイバル(改心することや、神に立ち返る決心)などにフォーカスしているため、帰ってきたその週に若者達がどんな神様..
Weblog: シオンの山から
Tracked: 2011-03-22 06:06


Excerpt: candyサンのブログにクマ郎さんの過去の記事が載ってあった。クマ郎さんのブログを見てみるとアーメンと同意してしまう。そしてクマ郎さんの記事のコメントを見ると詩音サンも記事にして、これまたアーメンと同..
Weblog: My First Grapes
Tracked: 2011-04-13 11:02
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

クリスチャンウェブリング
前へ | ホーム | ランダム | 次へ