2010年09月26日

大患難と安息日

ただ、あなたがたの逃げるのが、冬や安息日にならぬよう祈りなさい。そのときには、世の初めから、今に至るまで、いまだかつてなかったような、またこれからもないような、ひどい苦難があるからです。(マタイ24:20〜21)

「あなたがたの逃げるのが、安息日にならぬよう祈りなさい」の理由
           
1.安息日に、人は短い距離(約1.2キロ)しか歩くことを許されなかったから(使徒1:12)

そこで、彼らはオリーブ山という山からエルサレムに帰った。この山はエルサレムの近くにあって、安息日の道のりほどの距離であった。(使徒1:12)

2.安息日にはエルサレムの門が閉められて、外に逃げ出すことができなくなるため(ネヘミヤ13:19)

安息日の前、エルサレムの門に夕やみが迫ると、私は命じて、とびらをしめさせ、安息日が済むまでは開いてはならないと命じた。そして、私の若い者の幾人かを門の見張りに立て、安息日に荷物が持ち込まれないようにした。(ネヘミヤ13:19)

どちらの説が正しいのかわかりません・・・
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
タグ:「安息日」
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信仰のレース

私は信仰を求めて祈った。そして、いつの日か信仰が稲妻のように落ちて来て、私を打つであろうと、考えた。しかし、信仰は来そうになかった。
ある日私は、ローマ人への手紙10章に次のことばを見出した。
『そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。』
私は聖書を閉じ、信仰を求めて祈った。その時から私は聖書を開き、学び始めた。そして信仰は日ごとに成長し続けている。
D.L.ムーディ



↑ 動画でたとえると、

最後尾を走るオーストラリア人選手 → コツコツ聖書を学び続ける人

その他の選手たち → “稲妻のような信仰”を求めて聖会を行脚する人々

ということになるでしょうか・・・
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心に響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

この教えは・・・

ツイッタ―より
「キリスト教徒もイスラム教徒もヒンズー教徒も、信じている人も信じていない人も、誰でも共に愛をもって働くことができます。誰でも共に愛することの喜びを分かち合い、神がともにおられることに気づくことができます。その時、ヒンズー教徒はより良いヒンズー教徒に、イスラム教徒はより良いイスラム教徒に、キリスト教徒はより良いキリスト教徒になれるのです。 」マザーテレサ

↑ この教えは
きょひ.jpg

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」(ヨハネ14:6)

この方以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に与えられていないからです。(使徒4:12)


【ウィキぺディア】
宗教多元主義
宗教的包括主義
エキュメニズム
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

クリスチャンウェブリング
前へ | ホーム | ランダム | 次へ