2010年06月27日

二種類の「この世」 〜エジプトと荒野〜

イスラエル人がエジプトを出て荒野に行く(出エジプト記)

【二種類のこの世】 
         
エジプト・・・体系化した「この世」、道徳的な「この世」
       肉の欲・目の欲・暮らし向きの自慢(Tヨハネ1:16)
荒野・・・・・物質的、実質的な「この世」、住む場所としての「この世」

イエスの血によって贖われたクリスチャンは、体系化したこの世、道徳的なこの世(エジプト)から出てこなければならない
                ↓
そして、物質的なこの世(荒野)にあって、旅人・寄留者として歩まなければならない
                ↓
クリスチャンはこの世(荒野)に住んでいても、この世(エジプト)のものとなってはならない

これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。彼らはこのように言うことによって、自分の故郷を求めていることを示しています。(ヘブル11:13〜14)

愛する者たちよ。あなたがたにお勧めします。旅人であり寄留者であるあなたがたは、たましいに戦いをいどむ肉の欲を遠ざけなさい。(Tペテロ2:11)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
タグ:「この世」
web拍手 by FC2

4つの場所が予表するもの

バビロン → この世の混乱(創世記11:7〜9)

ソドム  → この世の罪悪(創世記18:20、創世記19章)

カルデヤのウル → この世の宗教(ヨシュア24:2)

エジプト → この世の快楽(ヘブル11:24〜26)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
タグ:「この世」
web拍手 by FC2

2010年06月18日

バモ!日本〜Men Without Hats 「 Pop Goes The World 」





このところ、テレビをつければサッカーが見れるのでうれしいです^^。
Men Without Hatsはカナダのマイナーなバンド。この「 Pop Goes The World 」は1987年のヒット曲で、サッカー日本代表の応援ソング「バモ日本」でこの曲のメロディーが使用されています。どういう経緯でこの曲が選ばれたかは不明です・・・

バモ日本の歌詞

オー バモ日本 日本 日本
バモ日本(ハイ・ハイ・ハイハイハイハイ)

Pop Goes the World

Pop Goes the World

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Int'l
  • 発売日: 1998/06/30
  • メディア: CD



明日のオランダ戦、勝つのは難しそうですが何とかガンバってほしいと思います。

健闘を祈りつつ、岡田監督率いる日本代表が初めてフランス・ワールドカップに出場した頃の応援歌「アレ!ジャポン」を歌って記事を閉じたいと思います。

ミッシェル・ポルナレフ「シェリーに口づけ」のメロディーで)

♪ア!レ!アレ!アレ! ジャポン!!×4

 さあ、ぶちかませ 大和魂
 気合いと度胸じゃ 世界で一番
 この日 夢見て戦い抜いた
 起こせ ミラクル
 青き サムライ

♪ア!レ!アレ!アレ! ジャポン!!×4
(書いていて少し恥ずかしくなる歌詞です・・・ふらふら
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

クリスチャンウェブリング
前へ | ホーム | ランダム | 次へ