2010年05月28日

成長の測り

「恵みの成長は、後退しなかった事実によってではなく、あなたが、霊的に自分はどこにいるのかを確実に知る洞察力をどれだけ備えたかで測られる。」
オズワルド・チェンバーズ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心に響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

正直になることの重要性(2)

「それから何をすべきか? よろしい。最後の第一歩は、主に服従することである。この男(マルコ8:22〜26)がしたように、完全に主に服従することである。

彼は、さらなる処置を受けることに反対しなかった。それを喜んだ。そして、私の信ずるところ、もし私たちの主がさらなる処置をお取りにならなかったとしたら、彼はそうするよう主に願ったことであろう。

そして、あなたも同じことができる。神のことばのもとにやってくるがいい。こう云うがいい。『私は真理を欲しています。どれほどの代価を払おうとかまいません』。

主に懇願するがいい。どうか自分に明確な視力と、完璧な視界を与え、自分を完全に直してください、と。

私は神の聖なる御名において約束しよう。神はそうしてくださるであろう。神は決して何事も不完全なまま放り出しはしない。」
D.M.ロイドジョンズ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(2) | TrackBack(0) | 祈りについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正直になることの重要性(1)

「主はこの男(マルコ8:22〜26)に向かって尋ねられた。『何か見えるか』。すると、男は全く正直にこう云った。『はい、見えます。ですが、私に見える人々は、まるで木が歩いているようです』。この男を救ったのは、その全くの正直さであった。

さて、私たちの立場はどうだろうか? 私たちは、正確には何が見えているだろうか? 事を明瞭につかんでいるだろうか? 幸福だろうか? 本当にものが見えているだろうか? それは二つに一つであり、私たちは自分が正確にどこにいるかを知らなくてはならない。

私たちは神を知っているだろうか? イエス・キリストを知っているだろうか? 単に私たちの救い主としてばかりでなく、個人的に知っているだろうか? 

私たちは『ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどって』(Tペテロ1:8)だろうか? それが新約聖書のキリスト者である。私たちは見えているだろうか? 正直になろうではないか。」
D.M.ロイドジョンズ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 祈りについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

クリスチャンウェブリング
前へ | ホーム | ランダム | 次へ