2010年01月31日

讃美歌75番の思い出・・・

P1000103.JPG

昨年の暮れ頃から、「かんたんダビング」(アイ・オー・データ機器)というソフト&ビデオキャプチャを使って、昔のビデオテープをDVDにする作業をしています。

過去のビデオテープの数々〜夜ヒット、サザエさん、浜省、サッカー等
P1000102.JPG

付属のDVD作成ソフト「PowerProducer」をパソコンにインストールして、ビデオとパソコンをUSBで接続すれば、あとはDVDに直接ダビングするか、パソコンに取り込んで編集後にDVDにダビングするかを選ぶことができます。ビデオテープをDVDにすること自体は簡単なのですが、昔撮ったビデオテープについ見入ってしまい、作業はなかなか進みません。

ミスタービーン
P1000101.JPG

ローワン・アトキンソン扮するミスタービーンのビデオテープも発見され、懐かしくて見てしまいました。今から10年以上前、日本でも話題となり、来日もしていたと思います。これは今見てもおもしろいですね。

ミスタービーン「教会ではお静かに」


ここまで大袈裟ではないですが、私も日曜礼拝で似たようなことをしたことがあります・・・(反省)。ちなみにこのコントで歌われているのは讃美歌75番「ものみなこぞりて」。私はこのコントを見てから讃美歌75番を聞くとミスタービーンの姿が思い浮かぶようになってしまいました(苦笑)。讃美歌75番を愛唱している方は見ないほうがいいと思います・・・
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(6) | TrackBack(0) | その他 テレビ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

神から与えられる苦難の目的

「まわりの状況に圧迫されそうになったらいつでも言うのです。
『主よ。お話ください』と。そしてゆっくり時間をとって、耳を傾けます。
神から与えられる苦難は、訓練の一つの方法というだけではありません。それは『主よ。お話ください』と言える場所に、わたしたちを連れていくためのものなのです。」オズワルド・チェンバーズ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(2) | TrackBack(0) | 苦難・試練の時に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

霊を見分ける賜物には重い責任が伴う

「霊を見分ける賜物もまた、ただ単に助けと導きのすばらしい源であるばかりでなく、それには重い責任が伴っています。

イエスは、エフェソにある教会に宛てた手紙の中で『あなたが・・・自ら使徒と称して実はそうでない者どもを調べ、彼らのうそを見抜いた』(ヨハネの黙示録2:2)と語っておられるのです。こうして、この賜物には、偽教師や偽善者をあばく責任が含まれています。その任務が実行されるところではどこでも、教会がふるいにかけられ、吟味されます。

パウロは『信心を装いながら、その実、信心を否定する』人々を避けるようにと勧めます(Uテモテ3:5)。従って、霊を見分ける賜物を与えられた者は、主のため、また真理のために、偽りのキリスト者から離れるよう、教会の中で分離が起こされる危険を冒しても、人々に呼びかけるべきです。

彼らは教会を騒がせる者と見なされる覚悟をもしなければなりません。そして、あばかれた人から憎まれ、迫害されるでしょう。その人たちは復讐することを願うからです。」バジレア・シュリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by クマ郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心に響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

クリスチャンウェブリング
前へ | ホーム | ランダム | 次へ